アダルト情報が含まれています。
18歳未満はご退場下さい!

変態女医 羞恥ガス|女性医者が患者にオナラを強制する

「メガネ女医が、言葉責めしながら診察と称して、患者に無理やりオナラを出させる、というストーリーです(笑)」

 

 

 

便秘外来のような、真面目なクリニック風でありながら、言ってることは「オナラ」がメイン!

 

真面目に診察しているようで、最終的にはオナラを出させるという流れになります(笑)

 

結局のところ、オナラを出すことを勧めるだけのヤブ医者なのですが、おならフェチの私にとっては神といっても良いかも…

 

巨乳ヤブ医者が患者のオナラを診察

 

ヤブ医者が患者を性的に辱めていくという感じではなく、医者に言われるがまま、肛門を丸出しにしてオナラを一生懸命に出す。

 

そんな作品です。

 

結果、私のような必死にオナラを出すために藻掻く女性に興奮するたちの男には、なかなかにヒットする作品となっています。

 

医者に言われて、出し手は見たものの、さすがに恥ずかしい…

 

そんな表情を浮かべる患者もいて、それもまたフェチには堪らないワンシーンとなりました。

 

女医さん、関西のなまりがありますね。

 

関西の女性に対して、私の過去の恋愛遍歴から勝手に「性行為における積極的な傾向がある」と決めつけています(笑)

 

この女医さんも、かなりの変態ぶりですね。

 

メガネ女医のおならオナニー

 

後半は、自身がオペ台に仰向けで寝転がり、おならオナニーを始めてしまいます。

 

この作品の良いところでもあるのですが、通常アングルと肛門アングルの2画面で楽しめるようになっています。

 

アナル接写はかなりの鮮明度ですので、放屁する間際と後の絶妙な肛門括約筋の動きを見て取れます。

 

M字拘束からのオナラ強制噴射

 

盗撮的な、リアルな医療現場での便秘外来をイメージすると、肩透かしに会うでしょう。

 

完全にノンフィクションの、おふざけが多少入ったドラマ仕立てのオナラエロ動画となっています。

 

オナラを出す時に、医者が言葉責めのようなことをするリアルな医療現場って、無いですよね(笑)

 

まぁ、100%あり得ない医療現場って言えないところも、この作品の絶妙なところではあるのですが…

 

若い子のアナルが見たい、オナラが聞きたい、アナルフェチにもおならフェチにも、どちらにも楽しめる作品ではないでしょうか。

 

 

  • 発売日:2008年12月05日
  • 監督:南ジョウ
  • メーカー:映天
  • 再生時間:88分02秒
TOPへ